米紙記者、「日本人の優勝は不愉快」のツイートで解雇に

佐藤琢磨選手の優勝に対する米紙記者のコメントが物議となり解雇に発展

佐藤琢磨選手の優勝に対する米紙記者のコメントが物議となり解雇に発展

ニューヨーク(CNNMoney) 米国伝統の自動車レース、インディアナポリス500マイル(インディ500)で佐藤琢磨選手が日本人初の優勝を果たしたことについて、米紙デンバー・ポストの記者がツイッターに「非常に不愉快」と投稿して物議を醸し、解雇された。

レースが開催された28日は、メモリアルデー(戦没者追悼記念日)の連休中だった。同紙記者のテリー・フライ氏は翌日、「メモリアルデーの週末に日本人ドライバーがインディ500で勝つのは非常に不愉快だ」とツイートした。

デンバー・ポストのマック・タリー社長兼最高経営責任者(CEO)らは29日、「無礼なツイートで容認できない」「本紙の思想信条を反映するものではない」とする短い謝罪声明を発表。フライ氏はもはや同紙で働いていないと述べた。

フライ氏は同紙で20年以上記者を務め、過去にコロラドで4回、オレゴンで3回の計7回、州の最優秀スポーツ記者に選ばれた実績を持つ。

同氏は批判を浴びて問題のツイートを削除し、デンバー・ポストと佐藤選手に謝罪した。さらに、日本は第2次世界大戦で米国が戦った相手国のひとつだと指摘し、メモリアルデーの週末で「感情的になってしまった」「私の父もまさにこの国と戦った」と書き込んだ。

フライ氏にはフィクション、ノンフィクション合わせて数冊の著書があり、その中には第2次大戦中の父の体験について書いた作品も含まれている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]