川の水が突然「真っ赤」に、住民騒然 ロシア北極圏の町

血を思わせる濃い赤色に染まったダルディカン川

2016.09.08 Thu posted at 17:30 JST

(CNN) ロシアの天然資源環境省は8日までに、同国の北極圏にあるノリリスク町内に流れる川の水流が突じょ「真っ赤」となり、環境破壊の有無を含め原因を調べていることを明らかにした。

この川は「ダルディカン川」で、異変に驚いた住民がインターネットに写真を掲載する騒ぎとなっている。ロシア国営のスプートニク通信は、同町の行政当局者の話として川は公共の配水網につながっておらず住民の健康問題に直接的な脅威を及ぼす事態とはなっていない、と伝えた。

同省は声明で、川の近くには金属精製工場が位置し、化学物質が漏出した可能性に言及した。配管が壊れた場合、汚染物質が川に流出する事態も考えられるとしている。

この工場はニッケル生産で世界最大手の「ノリリスク・ニッケル」。同工場はこれまで汚染物質の流出元であることを否定。国営のRIAノーボスチ通信によると、今回の変色問題に絡む原因調査や周辺地域での環境調査を続けており、この間は工場の稼働を縮小させていることを明らかにした。

ノリリスクの地元紙によると、川が赤色に転じたのは今回が初めてではない。ただ、過去の事例の詳細などについては触れなかった。

シベリア地方の北端部に位置する同町は天然資源が豊富だが、気温がマイナス7.2度にもなる厳しい寒冷気候下にある。ただ、近くにはニッケルや銅、パラジウムなどで世界最大規模の埋蔵量を誇る地域があり、多くの鉱山会社や精錬企業が進出している。

一方で、同町は深刻な環境汚染に直面していることで知られ、ロシアで最悪との見方もある。

メールマガジン