米俳優デ・ニーロ、トランプ氏を罵倒 「顔を殴りたい」

2016.10.09 Sun posted at 14:42 JST

(CNN) 米国の有名俳優ロバート・デ・ニーロさんが9日までに、米大統領選で有権者に投票を促すインターネットのキャンペーン・ビデオに登場し、共和党候補ドナルド・トランプ氏を罵倒する発言を繰り返した。

デ・ニーロさんはこの中で「明らかな愚か者、くだらない人間、ペテン師」などの荒々しい言葉を使って痛罵(つうば)。犬や豚との侮蔑の表現も飛び出し、自らの発言の意味も知っていないだろうとも言い切った。

また、トランプ氏は人の顔を殴りたいと言っているが、「私が彼の顔にパンチを浴びせたい」とし、「彼を大統領にしたいと思っている人間がいるとは思えない」とも続けた。

キャンペーン・ビデオの製作者側は、余りにも党派的な主張としてデ・ニーロさんの発言部分の映像は削除した。デ・ニーロさんは昨年行った米メディアとの会見で、民主党の大統領候補であるクリントン前国務長官への支持を表明していた。

トランプ氏は現在、女性をめぐる過去のわいせつな会話が新たに暴露される醜聞に襲われ、共和党内で支持撤回の動きが加速しているが、デ・ニーロさんの発言のビデオ撮影はこの騒動前に行われていた。

メールマガジン