2つ目のタイムカプセル見つかる、南軍将軍像があった場所から 米

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

南軍将軍像あった場所からタイムカプセル2つ発見 米

(CNN) 米バージニア州リッチモンドで、南部連合ロバート・リー将軍の像が立っていた場所から2つ目のタイムカプセルが見つかったことがわかった。同州の史料部門の広報担当が27日明らかにした。

タイムカプセルは銅製の箱で像の台座の下で発見された。地下の非常に湿った場所だったという。

箱の重さは約16キロ。大きさは縦横約34センチで高さ約19センチ。

バージニア州のノーサム知事によれば、最初にX線を使って中身を確認する。専門家は硬貨や書籍、南北戦争時代の銃弾などが入っている可能性があるとみているという。

箱は史料部門の研究室に運ばれた。そこで専門家が評価を始めるという。

1つ目のタイムカプセルは今月17日、約12メートルの台座を解体していた際に見つかっていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]