カナダと米国の国境で挙式、新婦の家族出席かなえる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カナダ国籍の女性と米国籍の男性が、両国の国境で結婚式を挙げた/Courtesy Karen Mahoney

カナダ国籍の女性と米国籍の男性が、両国の国境で結婚式を挙げた/Courtesy Karen Mahoney

(CNN) 新型コロナウイルスの影響で自由な往来ができなくなったカナダと米国の国境で、カナダ国籍の女性と米国籍の男性が、女性の家族の立ち会いの下、結婚式を挙げた。

新婦のカレン・マホニーさんと新郎のブライアン・レイさんは趣味のスキーを通じて35年前に出会い、今年3月に婚約した。しかしカナダに住むマホニーさんの両親と96歳の祖母が、米国での挙式に出席するのは難しかった。

「祖父母の中で生きているのは彼女だけ。だから私の人生で一番幸せな1日に立ち会ってもらうことは、私にとってとても大切だった」とマホニーさんは話す。

米国は新型コロナウイルスの流行が始まって以来、陸路でカナダとの国境を越える不要不急の移動を制限している。空の便で行き来することは可能だが、たとえワクチンを接種していても、特に祖母の年齢を考えると不安があったという。

マホニーさん夫妻には国境警備員の友人がいて、以前レイさんがマホニーさんの父に結婚の許しを求めた時も、この友人のはからいで国境越しに家族と対面していた。そこで2人は再びこの友人に協力を求めた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]