米国の「殺人スズメバチ」、今年最初の目撃例 シアトル近郊

「殺人スズメバチ」の異名をとるオオスズメバチ1匹の死骸がシアトル近郊で見つかった/Washington State Department of Agriculture

「殺人スズメバチ」の異名をとるオオスズメバチ1匹の死骸がシアトル近郊で見つかった/Washington State Department of Agriculture

(CNN) 「殺人スズメバチ」の異名で知られるオオスズメバチ1匹の死骸がこのほど、米ワシントン州シアトル近郊のメアリーズビルで見つかった。米国でオオスズメバチの姿を確認したのは今年初めて。

当該の死骸は乾燥しており、見つかった時期も6月初旬と例年より早い。そのため「前のシーズンの古いスズメバチが今になって発見された」可能性もあると州農務省の昆虫学者は記者会見で指摘した。

オオスズメバチは米国では侵略的外来種に当たり、国内で初めて発見が報告されたのは2019年。人やペットを襲うのは身の危険を感じた時だけだが、攻撃に使用する針はミツバチのものより長く、毒性も強い。刺された箇所が傷になって残る場合もある。

前出の昆虫学者は、1匹の死骸で現地の個体群の存在が示唆されるわけではなく、今のところそれを裏付ける十分な証拠もないと強調。その一方で、大事を取って地域内にわなを仕掛ける考えも示した。

死骸が見つかるわずか数日前には、州の交通当局が州全域にオオスズメバチ用のわな1200個を仕掛ける方針を発表していた。

昨年には州内のカナダ国境付近でオオスズメバチの巣が見つかり、首尾よく駆除された。ただ科学者らは、同地域にほかにも巣があるとの認識を示していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]