まるで「炎の輪」、北半球の一部で金環日食を観測

まるで「炎の輪」、北半球の一部で金環日食を観測

(CNN) 北半球の一部で10日、月が太陽を部分的に覆い隠す「金環日食」が観測された。月の外周から太陽の光が「炎の輪」のように見える印象的な光景となった。

日食は、月が太陽と地球の間を通過するときに起こる。今回は月が地球から遠い距離にあったため太陽より小さく見え、輪のような見かけをつくり出した。

グリーンランドやロシア北部、カナダを含む複数の場所で金環日食を見ることができた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]