壁とロッカーの間から1957年のハンドバッグを発見 米学校

中学校の壁とロッカーの間から、1957年になくなったハンドバッグが見つかった/North Canton City Schools

中学校の壁とロッカーの間から、1957年になくなったハンドバッグが見つかった/North Canton City Schools

(CNN) 米オハイオ州にある中学校でこのほど、壁とロッカーの間から1957年になくしたハンドバッグが発見される出来事があった。ほこりをかぶっていたものの、中身は無事で、当時の学生の生活が垣間見える品々が収納されていた。

赤いハンドバッグは用務員の男性によって昨年、発見されていた。用務員が壁とロッカーの間のトリムを取り付けなおした際に見つかった。学校は持ち主を探そうと画像を投稿した。

壁とロッカーの間からハンドバッグを見つけた用務員のチャス・パイルさん/North Canton City Schools
壁とロッカーの間からハンドバッグを見つけた用務員のチャス・パイルさん/North Canton City Schools

調査が行われ、ハンドバッグは元生徒のパティ・ラムフォラさんの持ち物だとわかった。ラムフォラさんは2013年に死去していたが、遺族と連絡を取ることができた。

ほこりにまみれているもののハンドバッグに破損などは見られなかった/North Canton City Schools
ほこりにまみれているもののハンドバッグに破損などは見られなかった/North Canton City Schools

学校によるフェイスブックへの投稿によれば、ラムフォラさんの子ども5人が集まってハンドバッグの中身を確認し、母親の10代の生活を垣間見たという。

SNSに投稿された画像からは1950年代の米国の10代の生活が垣間見える。ラムフォラさんは多くの女性と同じように、くしと、口紅などの化粧品を入れていた。

ハンドバッグの中には、くしや化粧品、小銭などが入っていた
ハンドバッグの中身

そのほか、地元の公立図書館やYMCAの会員カード、家族や友人が写っているとみられる白黒写真なども見つかった。1956年の高校のフットボールのスケジュール表もあった。

印のついた箇所があるフットボールのスケジュール表/North Canton City Schools
印のついた箇所があるフットボールのスケジュール表/North Canton City Schools

26セント分の小銭もあり、子どもたち5人は母親の記念品として小銭を分け合ったという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]