空が紫色に染まる、マリファナ栽培施設の照明が霧で拡散 米

マリフアナ栽培施設の照明によって、空が紫色に染まる出来事があった/Cara Smith

マリフアナ栽培施設の照明によって、空が紫色に染まる出来事があった/Cara Smith

(CNN) 米アリゾナ州スノーフレークでこのほど、医療用マリフアナの栽培施設の明かりが霧で拡散し、空が一面紫色に染まる様子が撮影された。

カーラ・スミスさんがこの写真を撮影したのは10日午前6時半ごろ。職場であるマリフアナ栽培施設「コッパーステート・ファームズ」に向かうところだった。

カーラさんは栽培施設の西約3.2キロの場所に住む。自宅からは通常、施設の明かりは見えないという。

カーラさんはCNNの取材に「紫の明かりは常についているが、普通はこんな風に空を明るく染めることはない」と指摘。当日は朝に雪が降り、撮影時も霧や雲が立ちこめていたと振り返った。

スノーフレークはアリゾナ州ナバホ郡の町で、フェニックスの北西約280キロに位置する。

郡当局はフェイスブックにスミスさんの写真を投稿。紫色の空を見た人からは「光害」を訴える声が上がる一方、きれいな光景だとコメントする人もいた。

栽培施設の広報担当によると、施設では40エーカー(約16万1800平方メートル)の面積に温室が並び、夜間には植物の生育を促すため、赤と青の照明を組み合わせているという。

照明は遠目には紫色に見えるが、通常、空が一面紫色に染まるようなことはない。今回の場合、立ちこめた霧の水滴が明かりを反射したことで、光が空一面に拡散した。

この栽培施設では70種類の大麻を生産しているほか、40種類を開発中。2017年から栽培に取り組んでいる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]