夏休み中の12歳少年、川でマンモスの歯発見 米オハイオ州

12歳少年、川でマンモスの歯発見 米

(CNN) 米オハイオ州ミラーズバーグの川で、夏休み中の少年がケナガマンモスの歯を発見する出来事があった。

お手柄を挙げたのはジャクソン・ヘプナー君(12)。先月に家族と宿泊施設を訪れた際、川底の泥から奇妙な物体が突き出ているのを見つけた。

宿主が13日にCNN系列局WEWSに明かしたところによると、ジャクソン君の父親とおじは自然への造詣が深い。すぐにインターネットで検索したところ、マンモスか古代生物マストドンの歯である可能性が判明した。

一家と宿泊施設は自分たちで化石の正体を突き止めようと、地元の大学教授に連絡。調査に訪れた専門家に向け、ジャクソン君が地図を作成した。

歯の発見場所を記したジャクソン君直筆の地図/Courtesy The Inn at Honey Run
歯の発見場所を記したジャクソン君直筆の地図/Courtesy The Inn at Honey Run

宿泊施設によると、地図に添えられたメッセージには「家族写真を撮った橋から9メートルくらい上流でマンモスの歯を発見しました。川の左側に部分的に埋まっていました」とつづられている。

メッセージの最後には頼み事もひとつ書かれていた。「できるだけ早く僕の手元に歯を返してほしいです。友達に見せたいから」

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]