頭に刃物突き刺さったワニを目撃、米テキサス州の湖

頭に刃物刺さったワニを目撃

(CNN) 米テキサス州ヒューストンの住民が近くの湖でワニが頭部に刃物が突き刺さった状態で泳いでいる姿を目撃したとこのほど報告した。

地元のCNN系列局KTRKの取材に、女性の住民はステーキ用のナイフに見えるとし、何者かによる意図的な行為と疑っていると述べた。同州の野生生物保護当局が調査に乗り出す予定だが、この女性を含む近隣の住民は助けたいと願っている。

現場の湖でワニが目撃されるのはこれまで再三あり、住民らがおおむね歓迎する客ともなっている。女性は6年前から住み始めていたが、ワニが攻撃的な行動をしたり襲ったりする姿は見たことがないという。ワニを刺した動機は見当が付かないとしている。

ただ、ワニの専門家はCNNの取材に、ワニの皮膚はカメの硬い甲羅のような殻で覆われており、鎧(よろい)のような機能を果たしていると指摘。

頭蓋骨(ずがいこつ)は重くて分厚く、攻撃者がワニに致命傷などを与えられる体の部位は非常に少ないとも説明。脳ではなく頭蓋骨に刺さるなどした物体は体を不自由にさせるだろうが、殺されることはないとも述べた。

さらに、負傷したとしてもワニは多くの場合、回復するともし、ワニの血液には抗生物質の特性も含まれ、治癒を早めるとも語った。

その上でこの専門家は、刃物が刺さったワニのけがの程度は判断出来ないとも指摘。写真を見るだけでは刃物の長さや刺さった場所は推し量れないともした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]