口汚いサンタに保護者が怒り、イベント主催者謝罪 英

クリスマス行事の最中に建物からの避難を強いられたサンタが汚い言葉を口走ったという/Shutterstock

クリスマス行事の最中に建物からの避難を強いられたサンタが汚い言葉を口走ったという/Shutterstock

(CNN) 英国のクリスマスイベントで、火災報知器が鳴った際にサンタが待機場所から飛び出し、汚い言葉で子どもたちに避難するよう叫ぶ場面があった。保護者から怒りの声が寄せられたのを受け、主催者は謝罪している。

サンタ役の男性が逃げろと叫ぶ際に「get the f**k out」とFから始まる言葉を使ったことが問題視されている。

この出来事は英ケンブリッジシャー州セントアイブスで9日に起きた。主催者によると、同じ建物で行われていた音楽イベントの会場で火災報知器が作動し、避難を余儀なくされたという。

参加者の1人はフェイスブックで、既に避難が進んでいたところに突然サンタが現れたと説明。「50人あまりの子どもたちの前で帽子と口ひげを破り取り、避難するようわめき散らし始めた」と明かした。

さらに「子どもたちの前であんな風に振る舞ったのは恥ずべきこと。彼は子どもたちに近づいてはいけない」とも書き込んだ。

イベント主催者は今回の事態を受け謝罪。サンタは手助けしようとしていただけだと釈明した。

ソーシャルメディアでは、この出来事を2003年の映画「バッドサンタ」になぞらえる声も出ている。

地元メディアの取材に応じた女性によると、サンタの汚い言葉には友人の男の子も動揺していた。友人は「あの男は本当のサンタではなく、『悪い子リスト』に載る偽物なの」と説明しなければいけなかったという。

イベントは今週末も行われる予定。主催者はCNNのコメント要請に応じておらず、同じサンタが再び登場するかどうか明らかにしていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]