スペースXの月周辺観光、世界初の民間人乗客を発表へ

スペースXが、新型ロケットで月の周辺へ向かう民間人乗客を明らかにすると発表/Instagram

スペースXが、新型ロケットで月の周辺へ向かう民間人乗客を明らかにすると発表/Instagram

ニューヨーク(CNNMoney) 米民間宇宙企業スペースXは13日、ツイッターの公式アカウントを通じて、同社のロケットで月周辺観光に出かける世界初の民間人について、17日に開くイベントで身元を公表すると予告した。

スペースXの投稿によると、この人物は民間人として世界で初めて、「ビッグ・ファルコン・ロケット(BFR)」を使った月周辺観光旅行の契約を済ませた。「宇宙旅行を夢見る普通の人たちの利用実現に向けた重要な1歩」と位置付けている。

BFRはスペースXが開発している新型ロケットで、史上最強をうたったロケットブースターと、地球の大気圏を脱出するタワー型の宇宙船の2段構成になっている。

同社は2017年2月の時点で、「ファルコン・ヘビー」ロケットを使った月周辺旅行について、2人の人物が契約を済ませたと発表していた。契約金や2人の身元などについては明らかにしていない。この時の発表と、17日に予定している発表との関連は不明。

ファルコン・ヘビーは今年2月にデビューを果たした。しかし経営者のイーロン・マスク氏は、同ロケットを有人飛行船として使う計画はないと述べ、観光用にはBFRの方がふさわしいと説明していた。

BFRの初飛行が実現するまでにはまだ何年もかかる見通し。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]