死んだ子どもに寄り添う母シャチ、死骸放し「悲しみの旅」終える

母シャチ、死んだ子どもに寄り添い「追悼」

(CNN) 太平洋東部で子どもの死後2週間以上にわたり死骸に寄り添って泳ぎ続けていた母シャチが、現在は死骸を運ぶのを止めていることが13日までに分かった。環境問題に携わる当局者が明らかにした。

子どもの死骸に寄り添って泳いだ距離は千数百キロ。母親の愛情と喪失感の表れとみられる「悲しみの旅」は世界的な注目を集め、人々を驚嘆させた。

母シャチと子どもの死骸が最後に確認されたのは9日午後。子どもの生後17日が経過していた。子どもは生まれて数時間で死んだ。

米ワシントン州を拠点とする鯨類の調査団体は、この母シャチが11日に群れの仲間と、カナダ西部ビクトリア沿岸の海峡で、餌になるサケを追っているのを見つけたと説明。その際、約0.8キロを泳ぐ間、子どもの死骸は連れていなかった。

死骸は海底に沈んだ可能性が高いという。同団体はブログに「母シャチの悲しみの旅が終わった。現在は行動が目に見えて活発になっている」と記した。

この群れには健康状態が危ぶまれる別のメスもおり、科学者らは感染症対策で抗生物質を投与している。

群れは約75頭で構成されているが、過去3年間で無事誕生して成長できた子どもは1頭もいない。過去20年では、無事に育った子どもは25%だけだった。

原因は、シャチの餌となるサケが、河川の水力発電施設による産卵ルートの妨害や乱獲などによって減少していることにある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]