古い戦車を海中にドボン、海洋生物の「海底公園」に レバノン沖

戦車を海底に沈めて「海底公園」を作り出す試みだという/MAHMOUD ZAYYAT/AFP/AFP/Getty Images

戦車を海底に沈めて「海底公園」を作り出す試みだという/MAHMOUD ZAYYAT/AFP/AFP/Getty Images

(CNN) 中東レバノンの港町サイダでこのほど、海洋生物の保護に向けた取り組みの一環として、海洋生物のための「海底公園」を作り出そうと古い戦車と装甲車両計10両が海中に沈められた。

戦車6両と装甲車両4両はレバノン軍が提供した。

今回の取り組みを主導している団体によれば、車両を海底に沈めたことで、サンゴ礁や魚の卵が成長したり繁殖したりするのに最適な環境が提供できるようになるとしている。また、海洋観光などの中心地になるとしている。

今回作られる海底公園は、地中海の東側沿岸で、同様の海底施設としては最大規模となる見通しだという。

レバノンの沿岸部は世界的にも有名だが、最近は海洋汚染も進行している。

似たような取り組みは約10年前に米国でも実施された。その時は、ニューヨークの地下鉄の車両2500両超が大西洋に沈められた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]