宇宙初の高級ホテル、4年後に実現へ 予約受け付け開始

宇宙初の高級ホテルが予約の受け付けを開始している。

宇宙初の高級ホテルが予約の受け付けを開始している。

(CNN) 1日に16回の日の出を眺め、無重力状態で浮遊し、宇宙から見た地球の光景を堪能する――。今からたった4年のうちに、そんな体験がかなうかもしれない。ただし滞在費も950万ドル(約10億円)と天文学的だ。

宇宙初の高級ホテル「オーロラ・ステーション」の構想は、米カリフォルニア州サンノゼで開かれた「スペース2.0サミット」で、宇宙技術開発の新興企業、米オライオン・スパンが5日に発表した。

モジュール式の宇宙ステーションに一度に滞在できるのは、乗員2人を含む6人のみ。12日間の宇宙旅行ツアーを企画して、2022年から宿泊客を受け入れる計画だ。

「我々は、誰もが宇宙へ行けるようにすることを目指す」。オライオン・スパン創業者のフランク・バンガー最高経営責任者(CEO)はそう語る。ステーションは打ち上げ後すぐに営業を開始する予定で、料金は「これまでなかった水準にまで引き下げる」という。

事前準備のための訓練は、通常2年間かかっていたところを3カ月に短縮し、料金も「ごくわずか」に抑えるとした。

ステーションは地球のおよそ320キロ上空を飛行して、90分で地球の周りを1周する。このため日の出と日の入りが24時間に16回前後観測できるという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]