ボイジャー1号の軌道修正エンジン、37年ぶりの噴射に成功

2017.12.03 Sun posted at 13:04 JST

[PR]

(CNN) 米航空宇宙局(NASA)はこのほど、太陽系外を飛行している無人探査機「ボイジャー1号」の軌道修正(TCM)用エンジンを37年ぶりに噴射させることに成功した。

アンテナの向きを修正するために、老朽化した姿勢制御用の噴射エンジンに代わって起動した。

TCM用のエンジンは37年前から使われていなかったため、うまく作動する保証はなかったという。

NASAのチームが11月28日、噴射の操作に踏み切った。その結果が19時間35分かけて地球に届き、4基のエンジンが完璧に作動していることが分かった。

NASAのエンジニアによると、エンジンのテスト結果が一段階ずつ判明し、チームから安どと喜びの声が上がった。長い休眠から覚めたエンジンは、何事もなかったかのように役割を引き継いだという。

ボイジャー計画の責任者によると、エンジン噴射が成功したことで同機の寿命は2~3年延びる見通し。

メールマガジン

[PR]