国連の幸福度報告書、トップはデンマーク 日本53位

2016.03.17 Thu posted at 11:16 JST

[PR]

(CNN) 国連の「持続可能な開発ソリューション・ネットワーク」は16日、世界の幸福度に関する2016年版の報告書を発表した。幸福度が高い国としてはデンマークが1位で、昨年トップだったスイスは2位に下がった。

4年前から発表されている同報告書で、デンマークがトップに立つのは3回目。16年版の3位以下にはアイスランド、ノルウェー、フィンランドが続いている。

6~10位はカナダ、オランダ、ニュージーランド、オーストラリア、スウェーデンだった。

経済大国の中では米国が13位、ドイツが16位に入ったが、英国は23位にとどまり、日本は53位、ロシアは56位、中国は83位と振るわなかった。

153位以下にはベナン、アフガニスタン、トーゴ、シリアが連なり、最下位はブルンジだった。

経済、政治情勢が悪化したギリシャ、イタリア、スペインや、政情不安のウクライナなどは順位を下げている。

メールマガジン

[PR]