ピカソ絵画、落札価格215億円 芸術作品で史上最高

「アルジェの女たち」は215億円で落札された=Christie's of New York提供

「アルジェの女たち」は215億円で落札された=Christie's of New York提供

ニューヨーク(CNNMoney) 巨匠パブロ・ピカソの絵画「アルジェの女たち」(1955年)が11日に米ニューヨークで開かれたオークションに出品され、芸術作品としては史上最高額となる1億7936万5000ドル(約215億円)で落札された。

芸術作品の落札額は、2013年に出品されたフランシス・ベーコン作「ルシアン・フロイドの3習作」の1億4200万ドルがこれまでの最高だった。

オークションを主催したクリスティーズによると、「アルジェの女たち」の落札予想価格は1億4000万ドルだった。出品者は非公開。同作品は1997年のオークションでは3190万ドル(現在のレートで約38億円)で落札されていた。

ピカソの作品は需要が大きく、個人が収蔵しているものはごく少数にとどまる。2013年にはヘッジファンドを運営するスティーブン・コーエン氏がホテルチェーンを展開するスティーブ・ウィン氏からピカソの「夢」を1億5500万ドルで買い取っている。

11~13日のオークションでは総額25億ドル相当の絵画などが売買される見通し。

「アルジェの女たち」はキュビズムの手法で描かれた裸婦像で、ピカソが友人でライバルでもあったフランスの印象派画家アンリ・マティスの追悼のために描いた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]