2千年前に隠された銀貨や宝飾品、鍾乳洞で発見 イスラエル

鍾乳洞で銀貨やアクセサリーが発見された

鍾乳洞で銀貨やアクセサリーが発見された

(CNN) イスラエル北部の鍾乳洞で、2000年以上前に隠されたとみられる銀貨やアクセサリーが見つかったことが10日までに分かった。

趣味で洞窟探検を続けているヘン・ザカイさんが、同じ同好会に所属する父親、友人とともに入った鍾乳洞で発見した。

ザカイさんが光る物を見つけて近付いたところ、片隅に隠すように2枚の銀貨が重ねられていたという。同じ場所から銀の指輪やブレスレット、イヤリングも出てきた。銀貨とアクセサリーはもともと、布の袋にまとめて入っていたとみられる。

ザカイさんらから連絡を受けたイスラエル考古学庁のチームが、このほど現場を調査した。

銀貨の片面には、紀元前4世紀後半にこの一帯を支配したアレキサンダー大王の肖像、もう一方の面にはギリシャ神話の主神ゼウスの座像が彫り込まれている。考古学者らはこれらの銀貨から年代を割り出した。

考古学庁の当局者は銀貨などの写真を見て「非常に貴重な発見だ」との見方を示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]