夏の夜の「スーパームーン」 月が地球に接近

カリフォルニア州・シエラネバダ山脈のふもとから望む月を、飛行機が横切った

カリフォルニア州・シエラネバダ山脈のふもとから望む月を、飛行機が横切った

(CNN) 月が地球に最も接近する時と満月が重なる「スーパームーン」という現象が、米国時間の11日夜から12日朝にかけて観測された。

スーパームーンは通常の満月に比べて大きく、明るく見える。

米CNNの読者投稿型サイト「iReport」に投稿したロサンゼルス在住のマリー・サガーさんは11日夜に月を撮影。天体や月の観察が好きだと語るサガーさんはその姿に満足せず、さらに月が明るく大きく見えるという12日未明まで粘りその姿をカメラに収めた。

ニューヨーク市のレーチェル・コーバンさんも同日未明に撮影した写真を投稿。もやにより期待していたほど明るく撮れなかったという。

見逃した人にも次のチャンスがある。米航空宇宙局(NASA)によると、今年はあと2回、8月10日と9月9日にも観測できる計算だという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]