香港で象牙の密輸摘発、3600キロを押収 2.7億円相当

過去に押収された象牙=香港税関当局提供

過去に押収された象牙=香港税関当局提供

香港(CNN) 香港当局は21日までに、アフリカから密輸された象牙3600キロ余り、2670万香港ドル(約2億7000万円)相当を押収したと明らかにした。香港での押収例としては過去最大級となった。

税関当局者によると、広東省当局からの情報提供を受け、16日にタンザニアから到着したプラスチック廃材とされる貨物を調べたところ、1350万香港ドル相当の象牙が発見された。さらに17日、ケニア発のコンテナから1320万香港ドル相当の象牙が見つかった。合わせて象牙1209本と、象牙の装飾品約1.5キロを押収したという。

中国当局はこれに関連して、香港住民1人を含む7人を逮捕した。

中国やタイでは近年、富裕層の拡大にともなって象牙の需要が高まっている。香港は中国本土への象牙密輸の玄関口とされ、2011年にはサイの角を含む総額1700万香港ドル相当が押収された例もあった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]