最古の米現役軍艦、過去130年で2度目の自力航行 戦勝記念で

2012.08.20 Mon posted at 11:08 JST

[PR]

(CNN) 米ボストンで観光名所として親しまれている世界最古の現役軍艦「USSコンスティテューション」が19日、戦勝200年を記念して、過去130年で2度目となる自力航行を行った。

コンスティテューションは1797年から1855年にかけて配備され、シーレーン防衛に活躍。1812年の米英戦争では英国のフリゲート艦と戦って勝利した。この戦い以降、「オールドアイアンサイズ」の愛称で親しまれている。

19日は約285人を乗せてボストン港を出港し、自力で17分間、1100ヤード(約1キロ)航行。その後は2隻のタグボートにけん引されて停泊地に戻った。普段は一般にも公開されており、年間50万人を超す観光客が訪れる。

同艦が自力航行したのは1997年以来。その前は1881年だった。

メールマガジン

[PR]