アイスクリームのベン&ジェリーズ、イスラエルによるパレスチナ占領地から撤退

米ベン&ジェリーズ、パレスチナの占領地から撤退

ニューヨーク(CNN Business) 米国のアイスクリームメーカー「ベン&ジェリーズ」は19日、イスラエルによるパレスチナ占領が同社の価値観に合わないとして、占領地からの撤退を表明した。

同社はこれまでも、米国内で警官による暴力や白人至上主義に抗議するなど、リベラル派の立場を発信してきた。

1987年に進出したイスラエルでの販売活動をめぐっては、同国がパレスチナの占領地に入植地を建設する動きは国際法に反するなどとして、かねてリベラルな立場との矛盾を指摘する声が上がっていた。

同社は2015年に公式サイト上で、現地での事業を続けていれば影響力を持つことができると主張したが、それ以外はほぼ沈黙を守ってきた。

しかし19日の発表によると、同社はすでにイスラエル当局に対し、現在の契約が22年末に切れた後は更新しないとの方針を伝えた。パレスチナの占領地ではそれ以降、アイスクリームを販売しない。ただしイスラエル国内では別の取り決めを通して販売を続けるという。

ベン&ジェリーズの決断に対し、イスラエルからは反発の声が上がっている。ベネット首相は同社が「反イスラエルのアイスクリーム」というブランドづくりに転じたと非難。シャケド内相もツイッター上で、同社のアイスクリームは「私たちの好みに合わない」「なくてもやっていける」と主張した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]