米GМ、社員向けリモートワーク計画を発表

スポーツカーのイベントで出席者と話すバーラ氏(写真中央)=2019年7月18日、米カリフォルニア州タスティン/Patrick T. Fallon/Bloomberg/Getty Images

スポーツカーのイベントで出席者と話すバーラ氏(写真中央)=2019年7月18日、米カリフォルニア州タスティン/Patrick T. Fallon/Bloomberg/Getty Images

(CNN) 米自動車メーカー大手ゼネラル・モーターズ(GM)のバーラ最高経営責任者(CEO)は20日、社員に対しより柔軟な労働環境を提供する考えを明らかにした。

米ビジネス向け交流サイトのリンクトインへのブログ投稿で述べた。それによると同社の社員は今後、働く場所にとらわれず最大限の力を発揮して目標達成に取り組むことができるようになる。

社員個々の判断が尊重され、過度に規範的な従来の指針に従う必要はなくなるという。

すべての社員が「同じくらい柔軟に」働き方を変えられるわけではないと認めつつも、バーラCEOは全社員にとってよりバランスのとれた仕組みにすると約束した。

その一助として、GМは北米で製造に携わるグループリーダーを200人以上増強。工場にはノートパソコンなどの機器を新たに配置し、オンラインでの研修を自宅からと現場からの両方で完了できるようにするという。

バーラ氏は投稿の中で、新型コロナウイルスの感染が拡大する状況でも実際に現場に出向いて作業を続ける社員、また1年以上リモート勤務を継続している社員にそれぞれ感謝の言葉を述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]