ゴーン被告、レバノン私大でビジネス事業開始へ

日産自動車の元会長カルロス・ゴーン被告がレバノンの大学で起業家向けのビジネス事業を始めると発表した/Hasan Shaaban/Bloomberg/Getty Images

日産自動車の元会長カルロス・ゴーン被告がレバノンの大学で起業家向けのビジネス事業を始めると発表した/Hasan Shaaban/Bloomberg/Getty Images

香港(CNN Business) 日産自動車の元会長カルロス・ゴーン被告が4日までに逃亡先のレバノンで記者会見し、地元の大学で起業家向けのビジネス事業を新たに始めると発表した。

レバノン経済は現在、深刻な危機に直面しているが、同被告は自らの事業が国家再建の一助になることを期待した。

地元のカスリク聖霊大学(USEK)を拠点にする事業には3つの目標があるとし、地元企業への訓練提供、幹部職への経営管理面での指導や起業での資金や助言の供与とした。訓練施設を設けて人工知能(AI)など新たな技術の習得を労働者に教授するともした。

同大学が出した報道発表文によると、ゴーン被告はレバノンが必要としている具体的な課題が1つあるとするのなら雇用の創出と指摘。「目的意識がある全ての組織やチームを支えるため私の経験や知識などを注ぎ込む用意がある」と強調した。

同大の声明によると、同被告はこの事業を進めるため幾つかの講習会を開くことも計画。講師としてジャガー・ランドローバー社のティエリー・ボロレ最高経営責任者(CEO)や現代自動車のホセ・ムニョス最高執行責任者(COO)らを招くともした。

レバノン経済は銀行業界の機能不全や高率インフレに襲われる苦境が続き、最近は抗議デモも招いた。今年8月には首都ベイルートで大規模な爆発が起きて約200人が死亡し、経済悪化に追い打ちをかけた。新型コロナウイルス対策にも苦慮している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]