トヨタ、米国で70万台近くリコール 燃料ポンプの不具合

トヨタが一部の車種約70万台をリコール/Toru Yamanaka/AFP/Getty Images/FILE

トヨタが一部の車種約70万台をリコール/Toru Yamanaka/AFP/Getty Images/FILE

(CNN) トヨタ自動車は14日までに、米国で「レクサス」など計70万台近くをリコール(無料回収・修理)すると発表した。

燃料ポンプに不具合が見つかった。ポンプが止まり、エンジンが停止する恐れがあるという。

トヨタによると、高速運転中に起きた場合、衝突事故の危険性が増すことも考えられる。

対象は2018~19年型、19年型のレクサスの一部車種やトヨタ4ランナー、カムリ、ハイランダー、ランドクルーザー、トヨタアバロン、カローラの一部など。

同社が調査を進めている。対策の方針を決めたうえで、3月半ばまでに所有者に通知する予定だ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]