日本の旧政府専用機ボーイング747、30億円で中古市場に

日本の政府専用機だったボーイング747−400型機が売りに出されている/Courtesy Controller

日本の政府専用機だったボーイング747−400型機が売りに出されている/Courtesy Controller

(CNN) 日本の政府専用機だった米ボーイング社製の747−400型機が売り出されていることが15日までにわかった。航空機売買などの情報を手がける企業「コントローラー」が売却物件として伝えた。

歴代の首相14人を含めた日本の政府要人や天皇らが使ってきた同機は1991年の製造。日本の航空自衛隊が管理、運用し、機内は改造され、寝室、シャワー室、事務室やラウンジなどが備えられた。

皇室や首相の利用に備え、侍従や秘書官らが使うより小さな部屋も設けている。用意されている座席数はファーストクラス、エコノミークラス仕様に配置された85で、米大統領専用機の70座席より多い。

売りに出されているのは旧政府専用機2機のうちの1機で、値段は2800万米ドル(約29億6800万円)。

製造年は古いが利用回数は少なく、総飛行時間は1万6332時間。同企業は売却物件の説明として「飛行時間は747−400型機としては世界で最少の1機」とし、恐らく最高の整備状態にあるとも指摘した。

1991年の製造で総飛行時間は1万6332時間/Courtesy Controller
1991年の製造で総飛行時間は1万6332時間/Courtesy Controller

航空業界メディアによると、既に退役した747-400型機に代わる日本の新型の政府専用機はボーイング社製の777−300ER型機。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]