中国の経済成長率、4~6月期は6.2% 貿易摩擦が打撃

中国の今年4~6月期の経済成長率は6.2%と減速した/STR/AFP/Getty Images

中国の今年4~6月期の経済成長率は6.2%と減速した/STR/AFP/Getty Images

香港(CNN Business) 中国国家統計局は15日、2019年4~6月期の経済成長率が前年同期比6.2%となったと発表した。6.2%の経済成長率は、1~3月期の6.4%を下回ったほか、1992年以降で四半期としては最低の水準となった。米国との間で続いている貿易摩擦が打撃となったとみられる。

国家統計局の声明によれば、中国経済は19年後半も引き続き押し下げ圧力に直面する見通し。

米中間の貿易摩擦は6月下旬に「一時休戦」となったが、両国が合意に達するかどうかについて依然として疑問視する声が出ている。

専門家からは、中国政府が、政策金利の引き下げなど経済押し上げに向けたさらなる景気刺激策を発表するとの見方が出ている。

米連邦準備制度理事会(FRB)は利下げを行う可能性を示唆している。

オアンダのシニアマーケットアナリスト、エドワード・モヤ氏は、中央銀行の中国人民銀行はすでに今年、景気刺激策を発表しているが市場は追加策を待っており、通商交渉がとん挫した場合に発表される可能性があると指摘。モヤ氏はまた、FRBが月末に発表するとみられている利下げが行われたのを受けて人民銀が新たな景気刺激策を明らかにするかもしれないと語った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]