ミシュラン星付き店で食中毒 1人死亡、29人に症状 スペイン

ミシュラン星付き店で30人食中毒

(CNN) スペイン東部バレンシアにあるミシュランガイドの星付きレストランで食中毒が発生し、地元保健当局は23日までに、1人が死亡、29人が体調不良を訴えたと明らかにした。

死亡したのは46歳の女性で、レストラン「リフ」で食事を取った後、17日未明に自宅で息を引き取った。夫と12歳の息子も食中毒に見舞われたが、現在は快方に向かっているという。

被害者はいずれも2月13~16日の間にリフで食事をしていた。

18日には食品検査員がレストランを訪問したものの、食中毒発生の要因に関して手がかりは得られなかったという。テイスティングメニューに使われた食品のサンプルは国立の毒物学研究所に送られた。

リフの料理長兼オーナーは声明で深い遺憾の意を示すとともに、当局と協力して事実確認を進めていると説明。原因判明まで閉店することに決めたとし、営業再開には従業員と顧客の安全確保の保証が得られることが必要だと述べた。

リフはミシュランガイドで1つ星を獲得。店のウェブサイトによると、通常のテイスティングメニューにはスナック、タパス、料理6~7皿、デザート3皿が含まれている。食材はインペラルキャビア、黒トリュフ、イセエビなど。

ミシュランガイドは同店を「店長のシェフはドイツ人だが自分をバレンシア出身と考えていて、独創的な料理を生み出す」と評している。

食事客が体調不良になった理由は不明だが、食品汚染が原因の可能性もある。世界保健機関(WHO)によると、世界では毎年およそ10人に1人が汚染食品で食中毒になると推定されており、死者は42万人に上るという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]