大規模爆弾MOAB、ISISの死者94人に アフガン

2017.04.16 Sun posted at 13:35 JST

[PR]

カブール(CNN) 米軍がアフガニスタン東部ナンガルハル州で13日に投下した大規模爆風爆弾(MOAB)により、過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の戦闘員少なくとも94人が死亡していたことが分かった。アフガン当局者が15日に発表した。

アフガン当局者らは当初、この攻撃で36人が死亡したと発表した。ISISは14日、死傷した戦闘員はいないと主張していた。

死傷者の数についてCNNでは独自の確認はできていない。

ナンガルハル州の報道官はCNNとのインタビューで、ISIS側の死者が「司令官4人を含む94人に急増」したと語った。

アフガン国防省の報道官は「現地のチームが確認作業を続けている」と述べ、今後さらに遺体が発見される可能性を示唆した。

米当局者らによると、この攻撃ではISISの地下トンネル施設や武器、弾薬を破壊したが、民間人にけがはなかったという。


CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

世界の今を知る。CNN.co.jpメルマガを無料購読

[PR]

CNN からのご案内


  • 携帯端末サービス

  • CNN.co.jp App for iPhone/iPad

  • CNNテレビ視聴

  • アメリカ国内版CNN/USテレビをそのまま日本で

  • ちょっと手ごわい、でも効果絶大!