トランプ米大統領、北朝鮮が「最大の脅威」 中国高官に語る

2017.03.01 Wed posted at 11:38 JST

[PR]

ワシントン(CNN) トランプ米大統領は、北朝鮮とその核開発計画を米国にとって「最大の差し迫った脅威」と位置付けていることが分かった。政権高官が2月28日、匿名を条件に記者団に語った。

この高官によると、トランプ氏は27日、中国の当局者に北朝鮮問題への対応を求めたという。ホワイトハウスでの楊潔チ・中国国務委員と会談した際の発言とみられる。楊氏はトランプ大統領が就任後に会談した中国当局者の中で最上位のランクとなる。

同政権高官はまた、オバマ前大統領が任期最終日にトランプ氏への引き継ぎとして、米国の安全保障上、最大の脅威は北朝鮮との見解を示していたことを明らかにした。

トランプ氏は先月、米FOXニュースとのインタビューでオバマ氏からの引き継ぎに言及したが、同氏から伝えられた具体的な内容は明かさず、「ある場所との軍事問題」と述べるにとどまっていた。

同高官によれば、トランプ氏は北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長について「正気でないのか、あるいは抜け目のない戦略家なのか」を見定めようとしている。正恩氏の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏が殺害された事件に北朝鮮がかかわっていた可能性も、懸念の対象になっているという。

トランプ氏は大統領選前から北朝鮮の核開発に警戒感を示し、「北朝鮮を完全に支配」している中国が「問題を解決するべき」だと主張していた。


CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

世界の今を知る。CNN.co.jpメルマガを無料購読

[PR]

CNN からのご案内


  • 携帯端末サービス

  • CNN.co.jp App for iPhone/iPad

  • CNNテレビ視聴

  • アメリカ国内版CNN/USテレビをそのまま日本で

  • ちょっと手ごわい、でも効果絶大!