米軍機と中国軍機がニアミス、南シナ海上空

2017.02.10 Fri posted at 12:50 JST

[PR]

ワシントン(CNN) 米海軍のP3オライオン哨戒機と中国軍のKJ200早期警戒管制機がこのほど、南シナ海上空でニアミスを起こした。米国防関係者がCNNに明らかにした。

場所は中国とフィリピンが領有権を主張するスカボロー礁(中国名・黄岩島)に近い上空で、2機の間の距離は300メートル以下だった。

米太平洋軍の報道官もCNNに対し、両国の軍用機が8日、「安全でない」距離まで近づいたことを認めた。

「米海軍のP3Cは国際法に従って通常の任務を行っていた」と報道官は述べた。「米国防総省と米太平洋軍は常に、中国軍との安全でない遭遇を懸念している。適切な外交・国防チャンネルを通じてこの問題に対処していく」

米国防関係者によればこの際、空中衝突を避けるため米軍機が飛行コースを変更したという。

中国側に悪意はなかったと米海軍は見ている。


CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

世界の今を知る。CNN.co.jpメルマガを無料購読

[PR]

CNN からのご案内


  • 携帯端末サービス

  • CNN.co.jp App for iPhone/iPad

  • CNNテレビ視聴

  • アメリカ国内版CNN/USテレビをそのまま日本で

  • ちょっと手ごわい、でも効果絶大!