米海軍、最新型の早期警戒機を岩国配備へ ステルス機も捕捉

2017.01.07 Sat posted at 15:59 JST

[PR]

(CNN) 在日米海軍司令部は7日までに、ステルス機能を保持する戦闘機の捕捉(ほそく)も可能とする早期警戒機ホークアイの最新型E2Dを今年2月に米海兵隊の岩国基地に配備するとの声明を発表した。

声明は、同機の派遣は日本防衛と周辺地域の安全や安定の確保に関する米国の決意を支えるため最新型の装備品を前方に展開する計画の一環であると強調した。日本に配備されるE2Dは以前、米空母セオドア・ルーズベルトに搭載され、イラクやシリアでの過激派「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の掃討作戦に出動していた。岩国基地に到着する同機の機数は伝えられていない。

E2Dの製造元である米ロッキード・マーチン社によると、同機が備えるA/N-APYレーダーシステムはより遠距離の範囲でより小型の標的をとらえる性能を持つ。特に沿岸地域や地上での探知能力が改善されたとしている。

軍事情報メディアによると、旧式レーダーでは探知出来なかった可能性があるステルス機を発見出来ると期待されている。米海軍関連団体誌は2014年の報告書で、A/N-APYレーダー搭載のホークアイは巡航ミサイルや中国軍のJ31、J20両戦闘機など第5世代のステルス戦闘機に対抗し得る米海軍の「秘密兵器」と形容していた。


CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

世界の今を知る。CNN.co.jpメルマガを無料購読

[PR]

CNN からのご案内


  • 携帯端末サービス

  • CNN.co.jp App for iPhone/iPad

  • CNNテレビ視聴

  • アメリカ国内版CNN/USテレビをそのまま日本で

  • ちょっと手ごわい、でも効果絶大!