ロシア軍艦、マニラに寄港 南シナ海でのプレゼンス強化へ

2017.01.05 Thu posted at 12:11 JST

[PR]

(CNN) ロシアの軍艦2隻がこのほどフィリピンの首都マニラに到着した。ロシアは複数の国が領有権を争う南シナ海での影響力拡大を模索している。

ロシアの駆逐艦「アドミラル・トリブツ」と給油艦「ボリス・ブートマ」は3日にマニラに到着。フィリピン海軍の広報はロシア軍艦の寄港について、今後5日間は合同演習の予定はないと説明、ロシア軍艦は親善のみの目的でマニラに寄港したと強調している。将来的な合同演習の計画については協議中だという。

ロシア国営スプートニク・ニュースはロシア海軍高官エドゥアルド・ミハイロフ氏の話として、海賊対策およびテロ対策を目的としたフィリピン軍との合同演習を実施すると報道。両国間での「前例のない海軍同士の接触」になると伝えていた。

ロシアのウェブサイト「RT.com」によれば、ロシア海軍はテロ対策や海賊対策を支援する方策についてフィリピンと協議し、意見を交換する見通し。将来的な合同演習にも目を向けるとした。


CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

世界の今を知る。CNN.co.jpメルマガを無料購読

[PR]

CNN からのご案内


  • 携帯端末サービス

  • CNN.co.jp App for iPhone/iPad

  • CNNテレビ視聴

  • アメリカ国内版CNN/USテレビをそのまま日本で

  • ちょっと手ごわい、でも効果絶大!