カナダ議事堂襲撃 一帯の封鎖を解除、首相「屈しない」

2014.10.23 Thu posted at 14:25 JST

[PR]

(CNN) カナダの首都オタワの国会議事堂と戦争記念碑で22日に発生した銃撃事件で、カナダ警察は同日夜、公衆への危険はなくなったとして現場一帯の封鎖を解除した。

オタワのジム・ワトソン市長はCNNに対して、「銃撃した犯人は1人だったようだ。犯人は死亡した」と述べた。

カナダ側から情報提供を受けた複数の米当局者によると、銃撃犯はマイケル・ゼハフ・ビボー容疑者で1982年生まれ。イスラム教に改宗し、海外で戦闘に加わることを企てたとして、カナダ当局にパスポートを押収されていた。過去に薬物使用歴があったとも伝えられている。

共犯者の存在や他に逮捕者が出たかどうかは不明。警察は捜査の詳細を23日に発表するとしている。

事件当時議事堂にいたハーパー首相は無事だった。首相は国民に向けたテレビ演説で「世界で起きているテロリストによる攻撃とカナダは無縁ではない」とした上で、「我々は屈しない」と付け加えた。

事件後にハーパー首相と電話会談したオバマ米大統領は「困難なときにカナダを支えるためにできることは何でもする」と語った。

銃撃はまず戦争記念碑で発生。同碑を護衛していたネイサン・シリロ伍長が死亡した。3人が病院で手当てを受けた。

当時現場付近にいたジャーナリストのピーター・ヘンダーソン氏によると、シリロ伍長は背中から銃撃を受けたようだったという。その後付近で訓練をしていた他の兵士が救援に駆けつけたという。

最初の銃撃から数分後には議事堂で男が発砲。建物内にいた地元紙のジョシュ・ウィングローブ記者によると、男はまず玄関ホールで発砲し、続いて廊下付近で発砲した。警察官数人が駆けつけて男に向けて数十発を発砲。銃撃戦がやむと、図書室の入り口付近に男が倒れていたという。


CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

世界の今を知る。CNN.co.jpメルマガを無料購読

[PR]

CNN からのご案内


  • 携帯端末サービス

  • CNN.co.jp App for iPhone/iPad

  • CNNテレビ視聴

  • アメリカ国内版CNN/USテレビをそのまま日本で

  • ちょっと手ごわい、でも効果絶大!