CNNが伝えた東日本大震災と原発事故

2014.03.11 Tue posted at 17:50 JST

[PR]

(CNN) 東日本大震災から11日で3年。今年2月までに確認された震災による死者は、1万5884人に上っている。震災と津波、東京電力福島第一原子力発電所の事故について、CNNが伝えた主なニュースを振り返る。

2011年3月11日午の日本時間午後2時46分、三陸沖の海底を震源とする巨大地震が発生した。震源の深さは約24キロ。米地質調査所(USGS)は当初、マグニチュード(M)8.9と発表した。地震発生から約1時間後までに、東北から関東にかけての海岸に高さ10メートル前後の津波が押し寄せた。

12日にかけ、本州各地の広い範囲でマグニチュード6クラスの余震が相次いだ。福島第一原発では原子炉を冷却するための電源が失われ、政府は原子力緊急事態を宣言した。宮城県の南三陸町では、人口の半数以上に当たる約9500人と連絡が取れないと伝えられた。

政府は13日までに、福島第一原発から半径20キロ、第二原発の半径10キロ以内の住民に避難指示を出した。一部でメルトダウン(炉心溶融)が起きているとの可能性が指摘され、放射能汚染の懸念が強まった。


CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

世界の今を知る。CNN.co.jpメルマガを無料購読

[PR]

CNN からのご案内


  • 携帯端末サービス

  • CNN.co.jp App for iPhone/iPad

  • CNNテレビ視聴

  • アメリカ国内版CNN/USテレビをそのまま日本で

  • ちょっと手ごわい、でも効果絶大!