トラブル相次ぐ米海軍の最新鋭艦、今度はパナマ運河で亀裂

2016.11.03 Thu posted at 16:35 JST

[PR]

(CNN) 米海軍は3日までに、最新鋭インディペンデンス級沿海域戦闘艦(LCS)「USSモントゴメリー」がパナマ運河を航行中、コンクリートの構造物に衝突し艦体に長さ約45センチの亀裂が入る損傷を受けていたことを明らかにした。同艦は就役から2カ月足らずで相次ぐトラブルに見舞われている。

海軍によると、モントゴメリーは大西洋から太平洋に向けて航行中、パナマ運河で「ロック」と呼ばれる閘門(こうもん)のコンクリートの構造に衝突した。同艦は地元パナマ運河の水先案内人が操船していたという。

ひびが入ったのは水位線より2.4~3メートルほど上の部分で、浸水したり安定性が損なわれたりする危険はないと海軍は説明。同艦はパナマ運河を無事通過して、予定通り米サンディエゴに向けて航行を続けているとした。

3億6000万ドル(約370億円)をかけて建造された最新鋭艦のモントゴメリーは、9月の就役以来、不運続きだった。


CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

世界の今を知る。CNN.co.jpメルマガを無料購読

[PR]

CNN からのご案内


  • 携帯端末サービス

  • CNN.co.jp App for iPhone/iPad

  • CNNテレビ視聴

  • アメリカ国内版CNN/USテレビをそのまま日本で

  • ちょっと手ごわい、でも効果絶大!