米男性、同じクマに2度襲われる SNSで詳細報告

2016.10.04 Tue posted at 16:24 JST

[PR]

(CNN) 米モンタナ州のマディソン郡でこのほど、ハイキングに来ていた男性が同じクマから2度にわたって襲撃を受ける出来事があった。男性は複数箇所に傷を負ったものの命に別条はなく、フェイスブックへの投稿で襲われた際の状況を詳しく説明している。

トッド・オアさんは今月1日の早朝、ヘラジカを見つけようとマディソン郡の原野にできた小道を歩いていた。広々とした草地に足を踏み入れた時、草地の向こう側からクマの親子がこちらを見ているのに気が付いた。オアさんはフェイスブック上の書き込みで「何度も大声を張り上げて、母グマに自分が人間であることを知らせようとした。引き返してくれるんじゃないかと思ったんだ。でもそううまくはいかなかった」とその時の様子を振り返った。

「母グマは2~3秒の間にすぐ近くまで迫ってきた。7~8メートルの距離からクマよけのスプレーを思いっきり吹き付けたが、ものすごい勢いで突っ込んできて、私の体にのしかかった」。その後クマは数分の間オアさんから離れず、腕や肩に嚙みついた。噛まれるたびに「歯のついた大型のハンマーを打ち込まれるような」衝撃を感じたという。

クマが襲撃を止めて立ち去ると、オアさんは血にまみれた傷だらけの体を起こして歩き始めた。5キロほど離れた場所に止めてきたトラックへ戻るためだ。「死なずに済んだことを神に感謝した。出血があまりひどくならないことを祈りながら、とにかく歩いてクマから距離を取ろうと思った」。


CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

世界の今を知る。CNN.co.jpメルマガを無料購読

[PR]

CNN からのご案内


  • 携帯端末サービス

  • CNN.co.jp App for iPhone/iPad

  • CNNテレビ視聴

  • アメリカ国内版CNN/USテレビをそのまま日本で

  • ちょっと手ごわい、でも効果絶大!