犬からも薬物反応、麻薬捜査で一緒の男逮捕 米加州

2016.05.22 Sun posted at 14:16 JST

[PR]

(CNN) 米カリフォルニア州タスティンの警察は22日までに、麻薬捜査に伴いホテルの部屋で逮捕した容疑者と共にいた犬の体内から覚醒剤などに使われるメタンフェタミンとヘロインの成分が検出されたと報告した。

この犬はテリア種のミックス犬で、ヘロインの成分などがどうやって体内に入り込んだのかは不明。地元のCNN系列局KCBS/KCALによると、動物保護当局者が犬の無気力な動きに気付いて尿検査をしたところ、薬物摂取の陽性反応が出たという。

犬はタスティンがある同州オレンジ郡の動物保護施設に預けられた。同施設は、犬の体調の回復を待って民家などの引き取り先を探したいとしている。

今回の捜査で逮捕されたのは40歳の男性容疑者。薬物違反の罪で刑務所に収監されていたが、仮出所中だった。逮捕されたホテルの部屋で違法薬物と使用済みの注射針が見付かった。

タスティンの警察は検察当局に対し薬物の違法所持と動物虐待の罪での容疑者の訴追を求めた。


CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

世界の今を知る。CNN.co.jpメルマガを無料購読

[PR]

CNN からのご案内


  • 携帯端末サービス

  • CNN.co.jp App for iPhone/iPad

  • CNNテレビ視聴

  • アメリカ国内版CNN/USテレビをそのまま日本で

  • ちょっと手ごわい、でも効果絶大!