ヨセミテ国立公園に「炎の滝」 今年は例年にない大きさ

2017.02.15 Wed posted at 12:56 JST

[PR]

(CNN) 米カリフォルニア州のヨセミテ国立公園で、1年のこの時期にだけ現れる「炎の滝」と呼ばれる幻想的な光景が、今年も訪れる人を魅了している。

炎の滝は、ヨセミテ公園を流れるホーステイル滝に夕日が特定の角度から当たった時に現れる自然現象。観測できるのは2月中の約2週間のみ。鮮やかなオレンジ色の溶岩が絶壁を流れ落ちるように見え、この光景を写真に収めようと、夕暮れ時には大勢の観光客が詰めかける。

国立公園レンジャーのスコット・ゲディマンさんによると、今年は降雨量や降雪量が多かったため、炎の滝は例年にない大きさになっている。「ここ数年はソーシャルメディアのために人気が上昇している」「世界中から見物客がやって来る」という。

ヨセミテ公園のウェブサイトによると、炎の滝が最もよく見えるのは、同公園内にあるピクニック場のエルキャピタンだという。ただし混雑が予想されるので早めに行く必要がある。

「数人の写真家が、日没を待って午前9時ごろから場所取りをしている」とゲディマンさん。来園者には食料、水、着替え、さらには天候が変わる可能性もあることからタイヤチェーンも持ってくるよう促している。ごみは必ず持ち帰ってほしいとも呼びかけた。


CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

世界の今を知る。CNN.co.jpメルマガを無料購読

[PR]

CNN からのご案内


  • 携帯端末サービス

  • CNN.co.jp App for iPhone/iPad

  • CNNテレビ視聴

  • アメリカ国内版CNN/USテレビをそのまま日本で

  • ちょっと手ごわい、でも効果絶大!