CFOの67%、トランプ米大統領は「ツイッターやめて」

2017.03.16 Thu posted at 14:13 JST

[PR]

ニューヨーク(CNNMoney) 米国の最高財務責任者(CFO)の67%がトランプ米大統領はツイッターの利用を控えるべきだと考えていることが分かった。米デューク大学が15日に発表した調査結果で明らかになった。

デューク大学は、全米の350人のCFOを対象にしたアンケートを実施。それによればCFOの67%は、トランプ大統領がツイッターの利用をやめればビジネス環境の改善につながると考えていた。

デューク大学のジョン・グレアム教授は声明で「CFOたちの答えは非常に明快だ。彼らはトランプ大統領の国民とのコミュニケーション方法がもたらす動揺や不確実性を好んでいない」と述べた。

もっとも、トランプ氏がツイッターをやめる気配はなさそうだ。

この調査が発表された数時間後にも、トランプ大統領は米企業の経営者たちの景気見通しが近年になく楽観的だとする米経営者団体ビジネス・ラウンドテーブルの調査結果をツイート。

トランプ氏は「CEO(最高経営責任者)たちは2009年以来、最も楽観的になっている。不要な規制の撤廃を続ければ、そして大型減税が始まれば、さらによくなるに違いない!」と述べた。

トランプ氏のツイッターでの発言は市場に影響をもたらすこともある。先ごろは、薬の価格について「引き下げ」を示唆するツイートを行い、この影響で、バイオ技術や製薬会社の株価が下落した。


CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

世界の今を知る。CNN.co.jpメルマガを無料購読

[PR]

CNN からのご案内


  • 携帯端末サービス

  • CNN.co.jp App for iPhone/iPad

  • CNNテレビ視聴

  • アメリカ国内版CNN/USテレビをそのまま日本で

  • ちょっと手ごわい、でも効果絶大!