米軍、5月にミサイル迎撃実験 北朝鮮による発射を想定

2017.04.19 Wed posted at 09:35 JST

(CNN) 米国防総省は19日までに、北朝鮮のミサイル発射を想定した2度の迎撃実験を5月に実施すると発表した。

実験は米軍の弾道ミサイル防衛計画の一環として、太平洋で実施する。同計画は対北朝鮮または対イランを想定しているが、今回は特に、北朝鮮の脅威に対峙できる能力を確認する。

このうち改良型の標準ミサイル発射実験では、推進装置と弾頭を改良したミサイルを海軍艦から発射する。同ミサイルでは到達距離を伸ばし、北朝鮮沿岸から発射されるミサイルも撃墜できることを想定。迎撃の精度も高めている。

同ミサイルは北朝鮮のミサイルを迎撃する目的で、日本と共同で開発したもので、発射実験は今回が2度目となる。

5月下旬には、米本土を脅かす恐れのある北朝鮮の大陸間弾道ミサイルを撃墜する実験を行う。実験にはアラスカ州とカリフォルニア州に配備した地上型の長距離迎撃ミサイルを使用。カリフォルニア州のバンデンバーグ空軍基地から発射するミサイルでは、太平洋上空を飛行してくるミサイルの迎撃をシミュレーションする。

国防総省によると、このシステムは10年以上前から存在していたが、実験の成功率は半分程度にとどまる。兵器実験に関する国防総省の直近の報告書では、長距離ミサイル迎撃システムについて「北朝鮮やイランが発射する少数の単純な中距離あるいは大陸間弾道ミサイルから米本土を防衛できる能力は限定的」と批判していた。

国防総省では米国家安全保障会議(NSC)による対北朝鮮政策の見直しの一環として、米政権が行動を決断をした場合に備え、1カ月以上前から軍事的な選択肢を検討していた。