マレーシア機不明 海底捜索を中断、8月にも再開へ

海底捜索が一時的に中断されることになった

2014.05.27 Tue posted at 12:26 JST

(CNN) 3月に消息を絶ったマレーシア機の捜索に当たっているオーストラリア運輸安全局(ATSB)は、インド洋南部の海底捜索作業を28日でいったん打ち切ると発表した。再開は早くても8月になる見通し。

現場の海域では現在、オーストラリアの軍艦「オーシャンシールド」から米国の無人潜水艇「ブルーフィン21」を操作して海底の捜索が続けられているが、この作業を28日でいったん中断。2カ月後をめどに新しい潜水艇を投入して捜索を再開する。

ATSBの幹部によると、オーストラリア政府は次の段階の捜索に向けて、6月1日の週にも受注業者を募る入札を公告する。落札した業者との契約は2カ月以内に済ませたい意向。マレーシアや中国当局との関係についてはコメントを避けた。

ブルーフィン21ではオーストラリア西部沿岸から約1600キロ離れた海域で、深さ4500メートルにも達する海底の捜索が20回あまりにわたって行われてきた。

この海域では4月5~8日に、オーシャンシールドが4回にわたって、マレーシア機のブラックボックスから発信されたと思われる音響信号を検知。しかしこれまでの捜索で痕跡を見つけることはできなかった。