NY地下鉄の憎悪落書き、乗客が結束して消去

乗客が協力し合い、落書きはわずか数分で消し去られた

2017.02.06 Mon posted at 10:31 JST

落書きはわずか数分で消し去られた。「全員が座席に戻って互いを見やり、幸せな気分になって乗車を続けた」とニードさんは話している。

ロックさんがこの出来事をフェイスブックに投稿すると、たちまちうわさが広まり、5日までに25万回以上も共有された。その1人、クリントン元大統領の娘のチェルシー・クリントンさんはツイッターで、「私たちは憎悪に負けない」とコメントした。

ニューヨーク市警は5日、この落書きについて捜査していることを明らかにした。

これとは別に、ニューヨーク州のクオモ知事は5日、かぎ十字に手が加えられて「LOVE」のマークに書き換えられた落書きの写真をツイッターに投稿した。写真は地下鉄の乗客が撮影したものだという。

「これがニューヨーカーの行動だ。私たちは憎しみを愛に変える。私たちは引き下がらない。現在も、これからも」。クオモ知事はそう力を込めた。