ウィキリークスのメール暴露、ロシア関与の見方強まる 米当局

米大統領選に絡んだメールの暴露について、米当局はロシアの関与への疑いを強めている

2016.10.14 Fri posted at 15:18 JST

ワシントン(CNN) 内部告発サイト「ウィキリークス」が米民主党有力者らの電子メールを相次いで公開している問題で、ロシア政府がハッキングされた米大統領選関連のメールをウィキリークスに提供しているとの見方が強まっている。米当局者らが14日までにCNNに明かした。

ウィキリークスは最近、民主党候補ヒラリー・クリントン氏の選挙陣営責任者、ジョン・ポデスタ氏のメールを相次ぎ公開している。こうした中、米当局者らはCNNに、窃取されたメールなどを公開する場としてロシアがウィキリークスを利用しているとの証拠が増大していると明かした。

当局者の1人は、一連の公開手法について、「控えめに言ってもロシア政府が情報を提供しているか、あるいは情報のリークに直接関与している可能性もうかがわせる」と指摘する。

米情報機関の当局者らは依然、ロシアとウィキリークスのつながりがどの程度のものか調査を進めている段階。だが、一連のリークの背後にロシアがいるとの見方が当局者の間で強い状況には変わりがない。

一方、ウィキリークスの創始者であるジュリアン・アサンジュ容疑者は、ロシアとのつながりや協力をこれまで一切否定している。