米本土で初、ハチの一種が絶滅危惧種に 生息数87%減

2017.01.11 Wed posted at 18:12 JST

[PR]

(CNN) 米魚類野生生物局(FWS)が絶滅の恐れがあるとして指定する生物のリストに、米本土では初めてハチの仲間が加わったことが11日までにわかった。マルハナバチの一種で、学名は「ボンブス・アフィニス」という。

ボンブス・アフィニスは北米に生息する47種のマルハナバチのうちのひとつ。FWSによると、その生息数は1990年代末に比べ、87%も減少している。

ハチは農作物の受粉に大きな役割を果たす。世界の食物の35%はハチが花粉を媒介しているとされ、マルハナバチはトマトやクランベリー、ブルーベリー、メロンの栽培に欠かせない存在だ。

そのハチが世界的に激減している。生息地の消失や気候変動、農薬の使い過ぎなどが原因と考えられる。

FWSの担当者によれば、ハチなどのポリネーター(花粉媒介者)が消えてしまうと受粉は手作業になり、膨大な労働力とコストがかかることが予想される。

ハワイではすでに、ハワイメンハナバチ7種がFWSの絶滅危惧種に指定されている。

国際自然保護連合(IUCN)の専門家、サリナ・ジェプセン氏は昨年12月、CNNとのインタビューで、北米のマルハナバチ全体のうち約25%が絶滅の危機に直面していると警告していた。ボンブス・アフィニスがFWSの指定を受けたことについて、「絶滅を免れる可能性が出てきた」と歓迎する姿勢を示した。


CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

世界の今を知る。CNN.co.jpメルマガを無料購読

[PR]

CNN からのご案内


  • 携帯端末サービス

  • CNN.co.jp App for iPhone/iPad

  • CNNテレビ視聴

  • アメリカ国内版CNN/USテレビをそのまま日本で

  • ちょっと手ごわい、でも効果絶大!