脳の萎縮予防、中年期の運動が決め手に 米調査

2016.02.16 Tue posted at 13:05 JST

[PR]

(CNN) 中年期の運動能力の低さと、年を取ってからの脳の萎縮には関係があるという調査結果が、このほど神経学会誌のオンライン版に発表された。

脳は年を取ると萎縮して認知機能を低下させ、認知症につながることもある。しかし研究チームによれば、運動によって脳の萎縮や認知機能の低下を食い止められる可能性があるという。

米ボストン大学などの研究チームは、認知症や心疾患のない平均年齢40歳の約1500人にランニングマシンで運動してもらうテストを実施し、20年後に再度テストを行って、脳の状態を磁気共鳴断層撮影(MRI)装置で調べた。

その結果、20年後、ランニングマシンの運動成績が良くなかった人は、脳が萎縮していることが分かった。


CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

世界の今を知る。CNN.co.jpメルマガを無料購読

[PR]

父の日ギフト

父の日ギフト
今年人気のギフトが大集合

イヤホン・ヘッドホン

イヤホン・ヘッドホン
おしゃれなモデルが大集合。注目度満点!

ふるさと納税

ふるさと納税
自治体を応援して特産品をゲット

人気の扇風機

人気の扇風機
人気のおしゃれ扇風機がずらり

防災セット

防災セット
いざという時に備えよう!

始めよう。梅雨対策

始めよう。梅雨対策
傘やレインブーツ、除湿機など続々

特集 by 楽天市場

CNN からのご案内


  • 携帯端末サービス

  • CNN.co.jp App for iPhone/iPad

  • CNNテレビ視聴

  • アメリカ国内版CNN/USテレビをそのまま日本で

  • ちょっと手ごわい、でも効果絶大!