英海軍の未来の軍艦 高速魚雷や電磁レールガンを装備

2015.10.18 Sun posted at 18:00 JST

[PR]

(CNN) 時速560キロ近くの魚雷、巡航ミサイル並みの射程を持つ電磁レールガン、レーザーを発射するクアッドコプター、艦上で作製できる無人機(ドローン)、ホログラフを投影した司令室――。英海軍などに籍を置く若い科学者らがこのほど、英国防省の求めに応じ、こんな要素を搭載した未来の軍艦の構想を打ち出した。

軍需企業や英国防省、英海軍の科学者らが参加したこの企画は、「ドレッドノート2050」と名付けられた。今回のプロジェクトを管轄した英海軍の組織「スタートポイント」は報道機関向けの発表で、企画は1906年進水の戦艦「HMSドレッドノート」のオマージュであり、同艦について「あまりに画期的であったため、他のすべての主要な戦艦は時代遅れになった」としている。

スタートポイントの目標は、「予算の制約と先進的な技術の装備という2つの挑戦に取り組む」こと。構想図を見る限り、「安上がり」との感想は浮かんでこない。むしろ、「宇宙船」や「宇宙戦艦」のような表現の方がぴったりくる。

ドレッドノート2050の船形は3つの船殻を組み合わせたもので、鉄ではなく超強度のアクリルを素材としている。船体を透明にすることも可能だ。また伝統的なマストの代わりに、クアッドコプターを使用。炭素ナノチューブで同艦につなぎ止められており、これを通じてセンサーや近距離の標的を迎撃するレーザーガンに電力を供給する。


CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

世界の今を知る。CNN.co.jpメルマガを無料購読

[PR]

CNN からのご案内


  • 携帯端末サービス

  • CNN.co.jp App for iPhone/iPad

  • CNNテレビ視聴

  • アメリカ国内版CNN/USテレビをそのまま日本で

  • ちょっと手ごわい、でも効果絶大!