土星の200倍の環をもつ天体発見

2015.01.29 Thu posted at 10:47 JST

[PR]

(CNN) 地球から約400光年の距離に、土星の200倍の大きさの環をもつ天体が見つかったとして、米国とオランダの天文学研究チームが発表した。

この天体「J1407b」は2012年に発見されていたが、データを詳しく分析した結果がこのほどまとまった。「もし土星の環をJ1407bの環に入れ替えたとしたら、夜空で簡単に見つけることができ、満月の何倍もの大きさに見えるはず」。オランダ・ライデン天文台のマシュー・ケンワーシー氏はそう解説する。

研究チームはJ1407bが恒星「J1407」の手前を通過する際に、環が恒星の光を遮って起きる日食の現象を観測。環の大きさが巨大なことからこの日食は56日間も続いた。

ただ、この間ずっと恒星の光が遮られていたわけではない。30個ある環の中には密度が濃く光をほとんど遮ってしまうものもあれば、密度が薄く光を通しやすいものもあった。


CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

世界の今を知る。CNN.co.jpメルマガを無料購読

[PR]

CNN からのご案内


  • 携帯端末サービス

  • CNN.co.jp App for iPhone/iPad

  • CNNテレビ視聴

  • アメリカ国内版CNN/USテレビをそのまま日本で

  • ちょっと手ごわい、でも効果絶大!